We Love Drama ♡

最新海外ドラマの相関図あらすじネタバレ

Escape at Dannemora第3話ネタバレ感想

   

Escape at Dannemora

べネチオ・デル・トロ(マット)とパトリシア・アークエットのドラマ、全7話のミニシリーズで実話を元に制作しているので、テンポよく第3話ではパトリシア・アークエット演じるティリーがべネシオに頼まれて、小さい折れるのこぎりを肉に隠して調達するところから始まる。

デイヴィッド・モース演じる看守のジーンに、マットは裁縫の場でよく頑張っているからと、仕事が始まる前に渡しておいてと頼むが、ジーンは何か怪しいと勘づく。

マットとデイヴィッドはそののこぎりでベッドの裏の通気口の周りを夜な夜な削り始め、遂には2人の房から建物の裏へ続くところの出入り口が完成する。

そして主にデヴィッドが毎晩のように裏へ行き、どこがどこへつながているかを調べ、そして地下に見つけたツールボックスの中のハンマーでブロック塀を壊していく。

第3話のエンディングでは、最後の外へと続くであろうコンクリートの壁へ到達し、この7フィートの壁を小さいハンマーで壊し始める。

5年はかかるだろうと予測するデイヴィッド。

マットとティリー

マットとティリーは裁縫の作業場の後ろの部屋でセックスをするようになるが、彼女はまだデイヴィッドに気が有り、(夫にはなんの悪気はない)彼に後ろめたいとマットに伝える。

マットはティリーを完全に自分達サイドにしておきたく、デイヴィッドのシャツを彼女に渡す。そして、5年後、俺とデイヴィッドと君でメキシコだと教えるが、ティリーは調達したのこぎりが(マットは絵の額を作るのにと嘘をついていた)脱走計画に使われている事を知る。

そして、ジーンはティリーにもうマットを助ける事はしない方が良いと忠告するが、彼女は知らぬふりをする。

感想

ティリーがもう、マットとセックスするくせに、恋に狂った中年おばさんそのもので、インスタントカメラで自分の胸やあそこの写真を撮ってデイヴィッドに渡してもらったり、ラブレターを書いたり、ネイルに行ったり、パックをしたりと夫の事なんてそっちの気で色気づき始める。この描写がなんともエミー賞もの。

そして、実際に脱走をした2人はこうして脱走をしたんだなぁと見ていて興味深い。 第4話5話あらすじネタバレ

Sponsored

 - Escape at Dannemora

error: Content is protected !!