We Love Drama ♡

最新海外ドラマの相関図あらすじネタバレ

Escape at Dannemora第4&5話ネタバレ感想

   

Escape at Dannemoraあらすじ

第5話最高。

Showtimeの全7話のEscape at Dannemora。

パトリシア・アークエットも、ベニシオ・デル・トロ(マット)も、そして彼と組んでいるポール・ダノ(デイヴィッド役)の3人が3人とも良いと思う。

ティリーとその夫

第4話では、ティリーと夫との結婚記念日があり、第3話でマットが描いた飼い犬の絵を夫が見つけ、マットにどうゆう事だよと詰め寄りに行く。が、マットは奥さんからお金をかけたくないので、結婚記念日の夫へのプレゼントへと頼まれたものだ、と弁明し、それをすんなりと信じた夫。

第4話では、記念日前日も相変わらず冷たく、妻ティリーの為にレストランでディナーをと、店で待つ夫だがティリーは来ない。ティリーは記念日を避ける為に一人バーで飲んでいる。

帰宅したティリーは、夫に夕飯を食べようと言われるが、酔っぱらってるからと断り、絵のプレゼントがあるのを知っているんだぞ、という彼に、勝手に私のものを取るなと冷たいティリー。見ていて夫が非情に可哀そう。

7フィートのコンクリート

一方、毎晩一人でコンクリートを小さいハンマーで掘り続けているうちに、隣にある冬の暖房用の巨大なダクトパイプが使われていない事を知る。

そして、それを切って、パイプの中を通り、壁の反対側まで続いているところにも出口を作れば1週間で脱走できると判断。

それをマットに教え、マットはティリーにもうすぐ脱走するから刑務所の外にある道路のマンホールのところを教える。脱走の日にあそこで車と一緒に待っててと。

脱走当日・刑務所内

遂にパイプの両側に出入り口を作り、脱走経路を確保したデイヴィッド。そしてすぐにでも決行しようと決意する。

Sponsored

マットは裁縫の作業場でティリーに今日の夜12時にあのマンホールで、と伝え、マットもティリーも緊張し始める。

マットを嫌いな黒人の男が彼をやっつけようとしていたその日だが、プエルトリコ系相手ではなく、白人達と黒人達との戦いになってしまい、マットとデイヴィッドは難を逃れる。

そして、2人は消灯後脱走を開始する。

脱走当日・ティリー

一方、ティリーはマットにもらった夫への睡眠薬をレストランで飲み物に入れようとするが、緊張し、そして夫がまぬけだがとても良い人であり、自分は一体何をしているんだろうと自責の念にかられ始め、緊張とストレス等でレストランの席で心臓発作を起こしてしまう。

病院へ行き、入院となったティリー。そして、マンホールから出たマットとデイヴィッドはティリーの車がこない事を知る。

脱走後

長ーい距離の建物内の脱走を終え、息も切れ切れ、落ち着いてるデイヴィッドだったが、車が無く、計画が崩れ、マットは若干、挙動不審になる。

ティリーは来ないだろうから車を盗んで西バージニアに行って、それからメキシコへと言うマットに対し、今はGPSが付いているからすぐばれるし、まずは歩いて森へいってカナダへ行って、それから車を盗んでメキシコへ、と説得する。

Sponsored

デイヴィッドのいう事を聞き、次第に落ちついてきたマット。2人は歩きながら煙草を吸い、自由になれたことを笑う。

感想

第5話のオープニングを含め、第5話は緊張感があって、最後まで良かった。刑務所の中では終始落ち着いており、一目置かれていたマットだが脱走後の緊張が普通のおっさんっぽくて、それをまた若いデイヴィッドが落ち着け、と対照的で良い。

そして、ティリー。心臓発作を起こすとは。最後まで悪い人にはなれなかったんだね。充分2人の脱走を手伝ってしまったけれど。

いやぁ、残り2話かぁ。実際の事件なのでWikiを以前早々読んでしまったんだけれど、読まなければ良かったかなと思ってる。

90%デイヴィッドが脱走路を作ったんだけれど、長くて複雑で、これも見どころがあると思う。頭が良かったんだろうな。

Sponsored

 - Escape at Dannemora

error: Content is protected !!