We Love Drama ♡

最新海外ドラマの相関図あらすじネタバレ

True Detective シーズン3ネタバレあらすじ感想第1&2話

   

True Detective シーズン3

3つのタイムライン

※ネタバレ含む

True Detectiveのシーズン3が遂に始まりました。シーズン1は素晴らしく、シーズン2は好感モテず、見るのを待っていたシーズン3。

大まかな概要はタイムラインは3つに分かれており、事件が発生した1980年と、その10年後、そして主人公マハーシャラ・アリ演じる刑事のウェイン・ヘイズが70歳になっている時とに分かれており、それぞれランダムに描かれていました。

あらすじ

事件は1980年に起きる。ヘイズとローランドは刑事で満月。酒を飲んだ後、2人はパトロールへ出かけており、行方不明事件があったと通用が有り、パーセル家の子供達ウィルとジュリーが家に帰ってこないと父親から通報を受け、家へ急ぐ。

息子と娘は4時頃、友達が犬を飼い始めて公園で一緒に遊ぶからと父に言い、5時半までには絶対に帰るんだぞという約束で自転車で公園へ向かう。

2人はその後夜になっても帰らなかった。別居中の妻も帰宅し、子供が行方不明になって夫を罵る。息子の部屋のクローゼットの壁には小さい穴が空いており、隣の部屋が見えるようになっているのをヘイズは発見する。

そして、妻の弟が以前しばらくここに泊まっていたことを知る刑事2人。子供の叔父は、息子の部屋を使っており、息子はソファで寝ていてことを聞かされた2人はその叔父にも電話を話しを聞く。

街の近所や学校でいろいろ事情聴取をするが、同じ学校の10代の青年たちは何かを隠しているようだ。

トラッキングが得意なヘイズは捜索時に自転車のタイヤの跡を追い、そして崖のような洞窟の中にパーセルの息子を発見する。彼は胸の上で手を組んでおり、既に死んでいた。洞窟のいり口やその手前の沼には何やら不気味な白い人形が置いてあった。

息子は見つけたが、娘はまだ見つかっていない。そして、子供達の自宅には文字を切り取った手紙で、娘は良いところにいるから探すな、と言う手紙が残されていたのを発見する。

シーンは変わり、10年後。ヘイズは何やらまたこの事件の事を詳しく話してくれと言われている。結果、薬局強盗があった時に、娘ジュリーの指紋が照合されたと教えられる。まだ彼女は生きていたのだと驚愕の事実を知り、動揺するヘイズ。ジュリーは客だったのか強盗の一員だったのかはわかっていない。

そして、2015年の70歳のヘイズ。もうとっくに引退をし、妻にも先立たれ、あの事件の事をTVのドキュメンタリー番組のインタビューを受けており、過去を思い出して語る。

感想

先が読めなくて良いなぁと思いました。2話続けて見たけれど、70歳のヘイズは多少痴呆もあり、息子がイライラしてたり、1980年代、刑事のヘイズが指揮した事を黒人だからと返事もしない警官達や、彼のアイデアを自分の物にしようとする白人の上司など、時代の違いも描かれていて3つのタイムラインが余計面白いなぁと。

今のところ、一番怪しいのは子供達の叔父かな。

 - True Detective

error: Content is protected !!