We Love Drama ♡

最新海外ドラマの相関図あらすじネタバレ

HBOチェルノブイリ・ネタバレ感想第1話

   

Chernobyl第1話”1:23:45″

※ネタバレ含む

HBOのミニシリーズ、全5話のチェルノブイリ原発事故の実情を描いたドラマ。

1988年の4月26日。現ウクライナ、旧ソビエト連邦での原子力発電所で起きた事故の直後から、その後の関係者や、プリピチャに住んでいた人々の記憶などのストーリー。

主演はジャレッド・ハリス演じる、チェルノブイリ原子力発電所事故の調査委員会責任者を務めた科学者のヴァレリー・レガソフ。

第1話は、レガソフが原発事故の事実などをテープに証言を自宅で録音しており、テープを6本まとめ、新聞紙で包み、それを家の外から建物に隠し、自宅戻り自殺を図るところから始まる。

そして、原子炉で事故直後の現場にいた上司とその部下のやり取りと死んでいくさまが主なシーン。

爆発直後、4号炉が爆発したのに、現場の上司は認めず、とにかく水をかければよいと聞く耳をもたず、多くの部下は不安ながらも4号炉を見に行ったりするが、次々に吐いては倒れ、顔は真っ赤になっていき、死んでいく。

第1話の衝撃は、あぁ昔の隠ぺい体制満載の感じが良く映し出されているな、と思いました。

The Terrorのジャレッド・ハリスがとても良かったので、興味津々で見ましたが、自分が子供の頃に起きたチェルノブイリ事故の実情が少しわかり面白かった。残り4話、続けて見ようと思います。

その他主な出演者は、The Terrorに出てた消防士役にアダム・ナガイティスと、政府事故委員会トップ、ボリス・シチェルビナ役のステラン・スカルスガルド。

 - チェルノブイリ

error: Content is protected !!